笑う健康法

笑う健康法昔から「笑う門には福来る」ということわざがありますが、専門家によれば、これは笑うことによって、「心を楽しくする」セラトニンとかドーパミンという脳内物質が多量に出て、若返りホルモンや性ホルモンが盛んに分泌されるからだと言われています。

人間の否定的な感情はさらにストレスを増幅させると言われていますが、笑いのある生活は、ストレスをおどろくほど和らげてくれます。

笑いのある生活を送るためには、楽しいことや面白いことを空想したり、過去の実際にあった楽しいことを思い出してみると、幸福な気持ちになり、自然と笑いが生まれてきます。

「そんなに笑う気分ではないよ」と思える時でも、少し無理してでも笑顔を作るいわゆる‘作り笑い‘から入っても効果はあります。
笑うと顔の筋肉が収縮し、その情報が届くと脳は「今、笑っている」とだまされ、気持ちがだんだん楽しくなってきたり、脳内回路がプラス方向に廻り出し、心身ともに良い方向に進むからです。

笑うときは、だれでも「あ」から「お」までの笑いになるそうです。
「あっはっはー」「いっひっひっ」「うっふっふっ」「えっへっへっ」「おっほっほっ」と、中には気持ち悪い笑いもあるが、だれでも大きく口を開け、多くの息を吐き出すことができます。

一番大きく口を開けるのが、「あっはっはー」の笑い。別名、水戸黄門の笑いと呼ぶ人もありますが、この笑い方は大量に吐き出し気分が晴れる笑いです。

一人ではなかなか笑いにくいので、できれば親しい人の交流の中で、面白い話には思い切り笑うのもいいですね。最近は、少しネット検索すれば、各地でいろいろな「笑う会」があります。

少し、お金はかかりますが、笑いを求めて寄席や演芸場に足を運び、落語、漫才、コントなどを聴きにいくのもおすすめです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ