カラオケ健康法

カラオケ健康法ストレス発散のためにカラオケに行く人は多いですね。

特に気の合った仲間といっしょにおなかの底から大声で歌えば、ほどほどの緊張とリラックスが交互に味わえ、自律神経のバランスが調整されて、快適な気分になれます。

おなかの底から歌えば、脳全体も活性化し、若返りのホルモンも分泌されて、ボケ防止や美容効果も期待できるようです。

これまで述べてきた他のストレス解消法と同じように、おなかから声を出して歌うので、腹筋を使った腹式呼吸をしていることになります。多少お金はかかるが仕事のあと、手軽に実行できるのが魅力です。

実際に歌う時のポイントは、リラックスした姿勢で立ち、おなかから声を出すことが肝心。この時、あまりマイクに頼らないで歌うと自然に腹式呼吸ができるようになります。

歌うと横隔膜や声帯は刺激を受け、他の筋肉と同じように鍛錬されていきます。
カラオケボックスだけではお金がかかるので、家で歌うだけでも違うそうす。

自分の好きな2~3曲ぐらいは歌詞を覚え、モニターを見ずに最後まで歌い切るようにしましょう。感情込めて歌えば、脳が刺激され、ストレスは忘れられるし、ボケ防止にも役立ちそうなので、50代以上の中高年にはうってつけだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ