入浴健康法

入浴健康法温熱療法は、昔から生活の中でごく普通に行われてきました。お風呂に入り1日の疲れをいやすというのは最も基本的な温熱療法です。

火山帯が縦横に走る地形の恩恵で、昔から温泉は‘癒しの泉‘のように人々に愛され、今でも老若男女を問わず、利用者で賑わっており、名湯・秘湯・隠し湯・・・というキャッチフレーズとともに観光地の目玉となっています。

高血圧、切り傷、通風、リウマチ、など効能が明示されていて、併設された露天風呂でゆったりと湯に浸かり、風光明媚な景色を眺める気分はだれでも癒さされます。
体を温めれば血流が良くなり、新陳代謝が促進され、免疫力が上がることは広く知られています。

地方の温泉に行く時間のない都会人に向け、最近は都会地でも温泉が発掘され、さらに岩盤浴やラジウム温泉、サウナ風呂など入浴を楽しむ施設が増え、ホームページからネットアクセスすれば、さまざまな情報が公開され、比較することができるようになっています。

あくまで自分のペースで、疲れ過ぎない範囲で楽しむのが入浴健康法のポイントです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ