気功法

気功法健康に関する言葉には、「気」という字が付くものが多いですね。

たとえば体調を崩すと「病気」になるし、元通りの体調の戻ると「元気」になり、体調に大きな影響を及ぼす「気候」も、「天気」の日が「気分」もいいし、町も「活気」に満ち溢れます。

これだけ日常的な言葉なのに、「気」の正体はまだ科学的にははっきりと解明されていないそうですが、「中国4千年の歴史の知恵」である「気功」は、この気のエネルギーで、心身の悩みを改善していく健康法として、日本の都会地では、本場・中国の指導者の名を冠した、気功道場の看板が目に付くようになりました。

ネット検索でも「気功教室」と入れるだけで、すぐにサイトがずらっと並んでいますので、都合のよい場所と開催日、月謝、体験の可否などを調べて、実際にご自分の目で確かめられるのがいいでしょう。

会の雰囲気、生徒さんの年齢層、レッスン内容が楽しそうかどうかなどさまざまな観点から、選択してみてください。
おしなべて、貸しビルや道場で行っている教室より、市民会館や地区会館など公共施設を利用し、サークル活動として行っている教室のほうが、経済的負担は少なくてすむでしょう。

また気功教室では「太極拳」もいっしょに教えてくれるところも多いようです。
中国の公園などでは、当たり前のように見かける太極拳を、最近は日本でも、熟年層のグループが大きな公園の中で恥ずかしそうにレッスンしている光景をたまに見かけるようになりました。
しかし、太極拳も奥が深く、レベル別に一連の動作を覚え切る難しさはあるとおもいますので、あまりあせらず、自分のペースで楽しむことが肝要です。

気功を続けていくと、呼吸法で息を吐ききることの大切さだけではなく、気を養うことによって、生命エネルギーを自分の体に取り込めるので、元気になるのだと教えられます。

このように、ヨガや気功は、熟年の健康法のポイントである、息を吐ききる、自分のペースで体を動かす、の2点を同時に満足させてくれる1つの方法だと思いますので、一考されてみてはいかがでしょうか。

タグ

2011年3月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:運動療法

ヨガ健康法

ヨガ健康法数多くの専門家が、現代人に自律神経失調症が増えているのは、呼吸が浅いからだと次のように指摘しています。

「中途半端な呼吸だから、エネルギーも蓄積できないし、力も出ない。大気のエネルギーをきちんと取り入れないから気持ちがおうに不安定になる」と言っているのです。

ヨガも呼吸法の効用を最大限に活用した健康法だとおもいます。さまざまなヨガポーは、この呼吸法と連動していて、息を吐き切ったときに脱力し、ストレスが抜けていくようになっています。

実際のヨガ教室で何回課続けていくと、息をゆっくり吐き出し、脱力し、次の息の吸い込みで、エネルギーを満タンにする爽快感が味わえるようになります。

要は息を深く吐き出すこと、これを教えてくれるからです。
ヨガは呼吸で自律神経をコントロールするすぐれた東洋の健康法だと言えるでしょう。

今やヨガ教室は国内でも各地で開催され、ヨガの種類もたくさんあり、迷われる方も多いと思います。
自分の通いやすい立地で、体験入会できるところを調べ、選ばれてはいかがでしょうか?

世界最大のヨガサイトと銘打ったを開けば、ヨガスタジオをはじめ、ヨガに関するさまざまな情報がわかりますので参照してみてください。

http://www.yogainfo.jp/index.html

ヨガの種類

以下に主なヨガの種類をご案内しましょう。

  • ハタヨガ
  • 体を使ったヨガ。まさにそのとおりで、ヨガ講師も毎回、私たちにアーサナと称する体位で、体に刺激を与え、その刺激から受けた体の反応を観る動作を繰り返している。

  • ホットヨガ
  • 室温を40℃近くにし、湿度も60%ほどに設定した室内で行なうヨガ。発汗量が非常に多いことから最近人気のヨガ。

  • シバナンダヨガ
  • 体を前や後ろへ曲げることによってバランスを取り、背骨の柔軟性を高めることを目的としたヨガ。1つ1つのアーサナの後にはリラックスするための休憩を入れ、アーサナの効果を高めようとするもの。体と心のバランスを取るための呼吸法も特徴の1つ。

  • ハリウッドヨガ
  • フィットネスクラブ「TIPNESS」が考案したヨガ。音楽に合わせてテンポ良く動くヨガ.エアロビクスにヨガの要素をプラスしたスタイルがわかりやすいと人気になっている。

  • ラージャヨガ
  • 瞑想を中心としたヨガ。ハタヨガも最後は瞑想に行き着くが、これは瞑想専門のヨガというところか。

  • ラフティーヨガ
  • 「笑うヨガ」と言われるヨガ。文字どおり笑いを取り込むことで体の免疫機能を高めることを目的としている。

  • クンダリーニヨガ
  • ヨガの中で最も高度な技法体型を持つヨガ。

  • メンズヨガ
  • 「男性限定」として開催しているヨガクラス。ヨガ人気で男性の参加も増えてきたが、いかんせん女性の中に混ざるのは恥かしい、という男性が参加している。

  • マタニティーヨガ
  • 産前産後の妊婦のためのヨガ。産前のつわりを柔らくし、出産の時に役立つ呼吸法を練習。産後は出産後の体調を整えるため。

  • その他
  • 特定のヨガのスタイルを指すのではなく、対象を限定しているヨガもある。

タグ

2011年3月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:運動療法

EMS運動法

EMS運動法筋肉は必ずしも年とともに衰えていくとは限りません。
30代でも運動不足だと筋力も弱くなりますし、60代、70代でも筋肉は鍛えられ、筋力は強くなります。
つまり筋肉は年齢に関係なく鍛えられるのです。

しかし、だれでも運動して筋力を付けることが必要なことはわかっていますが、「言うは易く行うのは難し」で、天気の悪い日は戸外に出るのがつい億劫になりがちです。

そんな時、時や場所を選ばず、家庭に居ながらにしてできる筋肉トレーニング法として、注目され着実に利用者を増やしているのが、「EMS運動法」です。

EMSとは、電気的筋肉刺激(Electrical Muscle Stimulation)の意味で、電流を流すことによって筋肉を太くしたり、大きくしたりする運動法です。

もともと50年ほど前にヨーロッパで開発された方法で、その後、欧米の各種スポーツ選手や一般の人のシェイプアップの他、医療用としてリハビリテーションの分野でも幅広く活用されている運動法です。

日本では10年ほど前に、ハンディタイプのEMS運動器がある大手医療機器メーカーによって開発された、「長続きしにくい自主的運動ではなく、外からの電気刺激のよって他動的に筋肉を動かす」新しい運動法です。

その方の筋力や年齢、日ごろの運動の有無によって、効果の個人差はありますが、この筋肉トレーニングによって、筋力が付き体脂肪が燃え易くなり、体が引き締まりシェイプアップやダイエットもできることから、今や運動不足気味の男性、美容に敏感な女性まで幅広くに愛用者を増やしています。

実際にこのEMS運動器を使用してみると、筋肉が収縮運動を起こしているのが一目でわかるし、「ギューッと脂肪層を掴まれている」のが実感できます。

最新機種まで何種類かシリーズになっているが、だいたい10万円前後。けして安い買い物ではないが、ジム通いなどの経費・手間ひまを考えれば、場所と時間を選ばないこのEMS運動法はおすすめです。

しかし、中にはEMSブームに乗じて筋肉の収縮運動とは言えない電流刺激装置をEMSと呼んで販売しているところもあるようなので、信頼のおける専門機器メーカーにアクセスされ、資料など取り寄せられてはいかがでしょうか。

<おすすめ連絡先>
伊藤超短波㈱   http://www.itolator.co.jp
東レ株式会社   http://www.rakuten.ne.jp/gold/t-tic/index.html

タグ

2011年3月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:運動療法

目的を持って楽しみながら歩く

楽しみながら歩く自分でコースを決め歩くのもよし、グループに参加するのもいいですね。

ネットで「歩く会」とキーワードを入れるだけでも、多くのグループや主催者団体が出てきますので、自分の興味と都合で選べばいいでしょう。
どうせ自分1人だと長続きしないという向きには、最近、全国各地でさかんな「歩く会」に参加して、参加者たちと交流を深めながら自然散策するのもおすすめです。
歩くコースも内容別に、いろいろな企画があります。

スタンプラリー

ある特定のテーマで鉄道の駅、道の駅など観光地を歩き、スタンプを集めていきます。スタンプが1個ずつ増えていくことによって最後まで歩こうという意欲が高まり、完歩した時の達成感は気持ち良いものです。

全国規模では、鉄道会社や旅行会社、全国各地に数多くの店舗を持つチェーン店が企画することが多いので、それぞれのホームページを覗いてみてください。
また地方各地の観光協会にアクセスすると地元商店めぐりや、一定の経路を回ることによって、スタンプが捺され、スタンプに応じてプレゼントなどの特典がもらえる企画もあります。
歩くだけではなく、このような種々の企画で達成感を味わえることが、歩く楽しみをさらに増やしてくれるはずです。

寺社めぐり

インド、中国、日本のスター級神様7柱それぞれの社を順に回り、縁起を呼ぶということで、最近、人気なのが各地の「七福神めぐり」です。
これも北から南までほぼ全国で体験できます。何せインドからは大黒、毘沙門、弁財、中国からは布袋、福禄寿、寿老人、そして日本からは恵比寿という福をもたらすありがたい神様たちをお参りしながら歩いていくので、宝船に乗ったようなハッピーな気分になれます。

全国札所めぐり

また、もっと広い地域を歩くのが「全国札所めぐり」です。
全国札所めぐりのホームページを見ると‘お遍路‘の別名で有名な「四国八十八札所」をはじめ、各地の代表的な札所が掲載されていますし、そこから漏れた「番外札所」なるものまであります。
初心者や体の弱い方に適したコースから、本格的な山歩きコースまでいろいろあり、よく調べた上で選ぶのがいいようです。
歩く健康法だけではなく、各札所(霊場)にお参りをすることによって心を鎮めるという効用もあるし、途中の風景に癒されるし、出会う人とのふれあいもあります。コースによってはグルメを楽しむこともできます。

タグ

2011年3月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:運動療法

このページの先頭へ